ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

狂牛病予防のため新屠殺技術を導入

圧縮空気を利用した屠殺法の導入で、きょうぎゅう病予防

(Keystone Archive)

政府は28日、きょうぎゅう病予防対策として圧縮空気を使った屠殺技術の導入を決定した。この屠殺技術は、脳を破壊するのに振動を利用するもので、脳の組織が循環システムに入るのを防ぐ。

また、きょうぎゅう病に感染した疑いのある羊、ヤギの脳、脊髄、甲状腺、脾臓などの器官の除去を徹底するよう決定した。さらに、家畜の産地の確認を容易にするため家畜輸送税に新規制を導入することも決定した。

スイスでのきょうぎゅう病感染は、1990年に動物性飼料禁止、感染した家畜の焼却などの予防措置が導入されて以来減少している。


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×