ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

福島第1原発と同型のミューレベルク原発、稼働停止か?



Image News 1

Image News 1

(Keystone)

ミューレベルク原発に稼働停止命令が下された

連邦行政裁判所は3月7日、安全性の観点からミューレベルク(Mühleberg)原発の稼働期間を2013年6月までとする判決を下した。ミューレベルク原発の運営会社「BKW(BKW FMB Energie AG)」は不服の場合、連邦最高裁判所に上告することができる。

ミューレベルク原発は福島第1原発と同じゼネラルエレクトリック社製の沸騰水型軽水炉(BWR)。着工も同じく1967年、稼働開始は福島第1原発より1年遅い1972年で、約40年にわたり運転を続けている。

スイスには原発の運転期間を制限する法律はなく、現在、連邦環境・エネルギー省(UVEK/DETEC)がそれぞれの原発(計5基)に対し運転を許可している。連邦環境・エネルギー省は2009年、ミューレベルク原発に無期限の稼働許可を与えたが、地元住民は安全性に問題があるとして稼働許可の無効を要求。今回の連邦行政裁判所の判決は原告側の訴えをおおむね認める形となった(KEYSTONE/Peter Klaunzer)

(Keystone)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×