絶滅危惧種のサルに赤ちゃん チューリヒ動物園

チューリヒ動物園は欧州で行われている絶滅危惧種保全プログラムに参加している Keystone

チューリヒ動物園で今月5日、絶滅危惧種のゴールデンライオンタマリンの赤ちゃんが2匹生まれた。飼育数はこれで11匹になった。

このコンテンツは 2019/02/22 10:30
Keystone-SDA/jc

サルの赤ちゃんは、母ザルの背中にしっかりとしがみつき、どこでも一緒について行くと動物園の関係者は話している。

ブラジルの熱帯雨林に生息するゴールデンライオンタマリンは絶滅の危機に瀕している。昆虫、トカゲ、小型の両生類、果物、葉または樹液を捕食しながら家族と一緒に生活する。1960年代末には約600匹確認されていた個体が、その数年後にはわずか100~200匹に激減していた。

チューリヒ動物園は欧州が手掛ける動物保護プログラムに参加している。 1984~2000年の間に146匹のゴールデンライオンタマリンをブラジルで野生復帰させることに成功。そのおかげで2005年には個体数が589匹まで復活した。また、消滅の危機にさらされた野生環境から保護区へ移住させた結果、繁殖した個体が他にも約220匹存在する(2006年の時点)。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する