Navigation

職業訓練生の採用プロセスをもっと公平に

若い外国人にも機会均等を Keystone

スイスには大勢の外国人が住んでいる。そして、外国の姓を持つ若者は、職業訓練の求職時、スイス人よりも不利になることが多い。

このコンテンツは 2007/10/17 08:17

このような状況を改善しようと、スイス商業協会 ( KV Schweiz/Sec Suisse ) は、チューリヒ州で「スマート・セレクション」プロジェクトをスタートさせた。

不利な外国人

「一度会ってくれさえすれば、自分のことをよく知ってもらえるのに」と不満を抱く外国人の若者は少なくない。明らかに外国人とわかる姓を持つ彼らは、職業訓練職の求職活動で不利な立場に立たされている。企業側が彼らを問題児扱いしているためだ。

しかし、これは単なる誤解や偏見に過ぎない。このことは中小企業における職業訓練生の採用についての調査で証明されている。また、フリブール大学の調査によると、成績レベルが同じでも、外国人の若者はスイス人の若者より4倍も就職のチャンスが少ないことがでわかっている。

匿名で求職活動

「スマート・セレクション」の参加者は名前を伏せたまま求職活動を行い、企業には求職者の名前や出身国、性別ではなく、本人の能力ややる気で判断してもらう。さまざまな分野で実行されるこのプロジェクトは2008年夏まで続く予定だ。現在、すでに40の企業がおよそ100の職業訓練職を申し出ている。一方、

ジュネーブ州ではすでに2006年に類似のプロジェクトが実行されており、成果はまずまずというところ。

スイス商業協会は、このプロジェクトで機会均等の改善と職業訓練生のより効率的な採用プロセスの実現を期待している。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。