Navigation

自殺と遺伝子の関係を発見

スイスとフランスの研究グループは、自殺しそうな傾向の強い人には、ある遺伝子突然変異が起こるという事実を突き止めた。

このコンテンツは 2001/04/18 08:49

ジュネーブ、モンペリエ、ナンの精神科医の研究グループは、遺伝子突然変異が感情や不安の程度を調節するセロトニンを吸収する脳の能力を崩壊させることを突き止めた。セロトニンのレベルが低いと、うつ病、過食症や拒食症などを引き起こす。研究グループは、自殺未遂者51人を調査したところ、セロトニンを運ぶ遺伝子に1つの突然変異が表れた場合、自殺の可能性は通常の3倍から4倍増加することを発見した。

スイスの自殺者は平均年間約1、500人で、男女比では男性が女性の3倍多い。人はなぜ自殺するのかというのは、今だに謎だが、研究者らは社会的、心理的な要因と同bュらい遺伝的な要因も大きいと見ている。欧州で自殺率の高いトップ3はハンガリー、スロベニア、フィンランドで、逆に低いのはイタリア、スペイン、ポルトガルだ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。