Navigation

赤十字国際委員会総裁、イラン訪問

ハタミ・イラン大統領とケレンベルガーICRC総裁(左)、28日テヘランで。 Keystone

ヤコブ・ケレンベルガー赤十字国際委員会(ICRC)総裁は28日、イラン・テヘランを訪問しハタミ大統領と会談した。ケレンベルガー総裁は、米軍の赤十字施設誤爆に対し強く抗議した。

このコンテンツは 2001/10/29 08:43

ケレンベルガー総裁は、カブールの赤十字施設が計3回も米軍に爆撃されたことに対し、人道に対する犯罪だと強く抗議した。また、ICRCは首都カブールと北部のマザリシャリフに向け、30、000人分の食糧の緊急援助をすでに送った事を明らかにした。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。