Navigation

連邦警察、ネオナチ勢力拡大に関する報告書を発表

連邦警察は19日、スイスのネオナチ(極右)闘争勢力拡大に関する報告書を発表した。それによると、スイスの極右勢力は、国家の安全を脅かすほどにはなっていないが、暴力性を増しており、警戒が必要だ。

このコンテンツは 2000/09/20 11:54

連邦警察は19日、スイスのネオナチ(極右)闘争勢力拡大に関する報告書を発表した。それによると、スイスの極右勢力は、国家の安全を脅かすほどにはなっていないが、暴力性を増しており、警戒が必要だ。

連邦警察の報告書は、各州などの当局にネオナチに対する警戒を促した。また、カリスマ性を持ったリーダーが出現した場合や、全国的なヒエラルキーが構築された場合、極右勢力の政治的可能性(危険性)は激増すると警告した。

スイス極右の中心となっているのは、700人ほどで、多くが未成年だ。彼等は外国の闘争勢力との連帯を進め、インターネットなどの最新技術を用いて連絡、情報の伝達・流布を図っている。

警察によると、1990年代初めに沈静化したネオナチによる攻撃が昨年から再開された。昨年だけで、難民襲撃が11件あった。この傾向は、ドイツなど他の欧州諸国でも同様だ。

ドイツとスイスの連邦警察は、19日国境地帯を中心とした極右取り締まりの共同強化策を発表した。具体策としては、両国の極右活動家の本国出国および隣国入国を阻止し、会合、情報交換、インターネット上での人種差別プロパガンダ流布などの共同活動を予防する事などが盛り込まれた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。