Navigation

電力市場自由化は、原発の安全性に危険を招く

運輸エネルギー省は、電力市場自由化は、電力供給各社が自由化された市場競争に勝つため、原発の安全性を脅かすコスト削減手段を招く危険があると警告している。

このコンテンツは 2000/04/08 16:12

運輸エネルギー省は、電力市場自由化は、電力供給各社が自由化された市場競争に勝つため、原発の安全性を脅かすコスト削減手段を招く危険があると警告している。

運輸エネルギー省のウォルフガング・イェシュッキ原発安全局長は、現在の安全基準を保つための考えられ得る限りの手段を尽くすと定例会議で述べた。会議では、現況ではスイスの原発は最善の状態で運営されている事を確認した。昨年の原発で起きた「事故」は16件だが、いずれも小規模で安全性に問題はないと報告された。

原発当局は、核廃棄物の再処理に関して結論は出していないと述べた。英国セラフィールドの再処理工場への使用済み燃料ロッドの輸送は先月以来停止している。原発当局は、フランス・ラ ハーグの再処理工場への輸送は継続するが、英国当局のセラフィールドに関する決定を待つ姿勢だ。

またスイスの原発に関するニュースでは、欧州人権裁判所はアールガウ州ベツナウ原発の操業ライセンス延長に反対するスイス市民団体の訴えを却下した。欧州人権裁判所は、原発操業は政府の政策決定に委ねられるとし、原告は操業延長反対のためにスイス民法を侵害する権利はないと裁定した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。