スイスの視点を10言語で

看護師イニシアチブを動画で説明 スイスの国民投票

スイスでは今月28日、看護師やケアワーカーの労働条件改善を目指すイニシアチブ(国民発議)「強固な看護ケアのために」が国民投票にかけられる。

通称「看護師イニシアチブ」は2017年、医療従事者の労働条件を改善するため、スイス看護師協会が提起した。

イニシアチブでは第一に、連邦政府と州に対して国内で十分な正看護師の育成を求める。次に、看護師という職業が適正に評価される必要性があるとし、政府に一定の労働条件の保証と給与水準の設定を求めている。

スイス政府や連邦議会は当イニシアチブの提案は行き過ぎだと主張する。政府・議会が推す対案では、労働条件の保証に憲法改正は必要ないとの考えを示した。

おすすめの記事

おすすめの記事

看護師不足の危機をどう解決するか スイスで国民投票

このコンテンツが公開されたのは、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )のパンデミック(世界的大流行)の中で、スイスは深刻な看護師不足に直面。この危機をどう解決していくべきか、11月28日の国民投票で有権者に判断が委ねられる。

もっと読む 看護師不足の危機をどう解決するか スイスで国民投票

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

世界の読者と意見交換

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部