Navigation

「コードレッド」ウィルス、予測よりも被害小

「レッド」と呼ばれるコンピューター・ウィルスは今の所、スイスのインターネットサイトに大した被害を及ぼしていない。が、専門家らによると、この手のウィルスの被害状況を把握するには時間がかかるという。

このコンテンツは 2001/08/02 09:53

スイスのインターネットサイトは過去2回同様なウィルス被害にあっており、今回はマイクロソフトがウィルス対策のソフトウェアを無量配付したこともあって、ユーザーらは事前に準備できていたことも、被害がほとんどなかったことの一因だ。クラウディオ・フリゲリオ連邦情報技術テレコミュニケーション事務局(ベルン)報道官は、コンピューターウィルスのようなものが連邦行政機関のシステムを侵そうとしたが、事前にインストールしたウィルス対策プログラムのおかげで被害はなかったと発表した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?