Navigation

【映像特集】「登山家ウエリ・シュテック~生死の稜線上で~」

SRF-SWI

3年前の2017年春、エベレストで事故死したスイス最速の登山家ウエリ・シュテック。限界に挑み続けた男の生きざまをスイス公共放送(SRF)のカメラが迫った。

このコンテンツは 2020/09/06 06:00
スイス公共放送(SRF)

世界で最も死の危険が高い壁の1つと言われるアイガー北壁を、命綱なしで駆け上っていく。卓越した登攀技術に裏打ちされた驚異的な登山スピードを武器に、シュテックは数々の最速登頂記録を樹立。世界に「スイスマシーン」の名をとどろかせた。

だが2017年、ヒマラヤ山脈の2つの8千メートル峰を無酸素で縦走する新記録に挑んだシュテックは、高所順応トレーニング中のヌプツェで1000メートル下に滑落。40歳でこの世を去った。突然の訃報はスイス国外でも広く報じられた。

スイス最速の男はなぜ、これほど山に情熱を捧げたのか。なぜ、限界に挑み続けたのか。家族はそんな彼をどんな思いで見守っていたのか―。シュテック本人、そしてシュテックの家族や友人たちが、スイス公共放送のカメラの前で思いを語った。

swissinfo.chでは、2020年5月21日にSRFで放送されたこのドキュメンタリー番組「ウエリ・シュテック~生死の稜線上で~」(約1時間35分)を約5分ずつに分け、水、日曜日の週2回配信する。日本語字幕付き。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。