Navigation

スイス 燃料電池(FC)トラック導入へ ヒュンダイから

2016年にオープンしたスイス初の水素ステーション © KEYSTONE / GAETAN BALLY
このコンテンツは 2018/09/26 14:30
swissinfo.ch with agencies/OP

韓国のヒュンダイ(Hyundai Motor 現代自動)は、2019年末から5年間で1000台の燃料電池(FC)トラックをスイスで販売する。

最も一般的なトラックはディーゼル車で、排ガスによる大気汚染が問題となる。そのため電気自動車は潜在的な市場とみなされ、いまや自動車メーカーは各々に取り組み、例えば、ヒュンダイと日本のトヨタ自動車は、より環境に配慮した燃料電池車の開発を行っている。

燃料電池車は、水素を燃料電池に与えることで電力を生み出し、モーターを動かす。水のみを排出するため、二酸化炭素を排泄しない。

スイスでは既にこのような車の試験的導入をしている。2016年にはガソリンスタンドの役割を果たす「水素ステーション」をアールガウ州に設置した。1000台のトラックは主に、大手スーパーCoopの小売業者が配送用として導入する。


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?