ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリーズ「私たちは在外スイス人」 日本在住スイス人 国際色豊かな祖国を誇りに思う



大阪大学経済学研究科のドンゼ教授

大阪大学経済学研究科のドンゼ教授

(pd)

スイスで時計産業の盛んな町ラ・ショー・ド・フォンで生まれたピエール・イヴ・ドンゼさんは、大阪大学で経済学研究科の教授を務める。グローバルな視点で産業史、多国籍企業や技術の歴史を教え、時計産業史を専門とする。

スイスインフォ どうして日本へ行くことになったのですかどのくらい日本に住んでいますか

ピエール・イヴ・ドンゼ: ヌーシャテル大学で博士号を取得し、2006年にスイス国立科学基金の博士研究員として妻の祖国である日本の京都大学に来ました。10年ほど日本に住んでいます。

スイスインフォ スイス時計産業の話を日本ですると、どんな反応がありますか?

ドンゼ: スイスのブランドは魅力があるが、高すぎる、そこまでして買う意味がないと言われます。

スイスインフォ スイス経済の話をすると、どんな反応がありますか?

ドンゼ: 大抵の日本人はスイスの経済について全く知識がなくて、スイスと言えば永世中立や、銀行の秘密主義、高い物価などを思いうかべます。スイス人はみんながアルプスに住んでいるわけではないし、スイス企業はグローバル競争で優位にあるということを知りません。



生徒と大阪の深喜毛織を工場見学するドンゼ教授(右)

生徒と大阪の深喜毛織を工場見学するドンゼ教授(右)

(pd)

スイスインフォ スイスから来たと言うと日本人はどのように反応しますか?

ドンゼ: スイスのイメージはとてもいいですが、ハイジ、永世中立、銀行、時計といったイメージばかり。

スイスインフォ スイスの国民投票に日本から参加していますか?

ドンゼ: あまり投票しません。在日10年以上が経ちますので、自治体レベルで日本の投票に参加したいのですが、ここでは外国人の投票参加は考えられないことです。

スイスインフォ 日本語をマスターするのは難しいですか?

ドンゼ: 難しくはないですが、時間がかかります。

スイスインフォ 日本のどんなところが好きですか?

ドンゼ: 特に好きなことは三つあって、(世界一)治安がいい、料理が美味しい(洋食を含む)、人々がお洒落なことです。

スイスインフォ スイス恋しいですか?

ドンゼ: 出張と休暇で年に5、6回帰国するので全く恋しくないです。それどころか、スイスに年中住むことの方が退屈だと感じるでしょう。

スイスインフォ 日本に住むようになって、スイスのどんなところに良さを感じますか?

ドンゼ: スイスが国際色豊かなコスモポリタンな国であることを素晴らしく感じます。スイスに住んでいると、視野が狭い人が多くて国際的だとはあまり感じませんが、在外スイス人はもっと考え方が広い人が多いです。私自身、国外に住むようになってから、スイス人であることにプライドを持つようになりました。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×