スイス、EUとの「人の移動の自由」破棄求める国民投票へ前進

国民党のアルベルト・レシュティ党首 Keystone

スイスの保守系右派・国民党党首は27日、欧州連合(EU)との「人の移動の自由」を定めた協定について、協定破棄の是非を問う国民投票実施に向け必要な署名が集まったと語った。

このコンテンツは 2018/06/29 09:00
SDA-ATS/ln

国民党のアルベルト・レシュティ党首がドイツ語圏の夕刊紙ブリックに対し、12万5千人分の署名を集めたと明かした。国民投票を実現させるには、イニシアチブ(国民発議)の発起人は18カ月以内に有効な10万人分の署名を集めなければならない。国民党は協定の破棄を求めるイニシアチブを提起し、今年1月から署名集めを行っていた。

レシュティ氏は、署名の承認手続きはこれからだが「先に進めるという確信がある」と強調した。同氏は署名がこれほど早く目標数に達したことに驚いたという。

国民党は以前から、EU出身者の流入によって国内の雇用の安全が脅かされていると主張している。レシュティ氏は署名がわずか半年足らずで目標を達成できたのはその懸念の表れだとした。

特に署名に応じた人が多かったのはスイスの国境沿いの地域で、イタリアに近いティチーノ州、スイス西部のジュネーブ州、同北部のバーゼル市など。これらの地域は隣国からの越境労働者が多い。

レシュティ氏は、イニシアチブの焦点はあくまでも人の移動の自由についてであり、経済など幅広い分野で取り決めを交わすスイスとEUとの二国間協定に悪影響はないと述べた。

>>スイスとEUの二国間協定って? 

レシュティ氏はまた、EUの関心はその他の二国間協定を維持することにあり、それに向けた解決策は見つかると語った。

国民党は、人の移動の自由が「若くて安価な労働者を我が国に呼び込んでいる」ため、国内の雇用市場における高齢の労働力問題や賃金に圧力をかけていると批判。長期的に見てこの傾向は有害だとしている。

レシュティ氏は人の移動の自由がもたらす経済的影響は、個々の企業が得る短期的な利益よりも重視されるべきだと語った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する