ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

スイスの政治 スイスのブルカルテール外相、辞任を表明

スイスのディディエ・ブルカルテール外相は、2009年より連邦内閣閣僚を務める

スイスのディディエ・ブルカルテール外相は、2009年より連邦内閣閣僚を務める

(Keystone)

スイスのディディエ・ブルカルテール外相が14日、10月31日をもって連邦内閣閣僚を辞任すると発表した。欧州連合(EU)との交渉が行き詰まっていたことが原因ではないかとメディアで騒がれていたが、今回の辞任は関係ないとした。

 ブルカルテール氏が政治界に入って約30年。その最後の8年間は閣僚を務めた。「新たな章の幕開けの時が来た」。「辞任後の人生についてはまだわからないが、公の場に出ることはほとんどなくなると思う」と記者会見で話した。

 ここ数年間、政治が私生活に占める割合は大きくなっていたという。「(政治は)魅力的だ。だがそれもあと少しで終わり」と話すブルカルテール氏に後悔はない。辞任の決意をしたのは11日。その理由について同氏は、「新しいことを始めたい」と説明する。

 ここ最近、EUとの制度的枠組み協定の交渉が行き詰まっており、ブルカルテール氏に強い重圧がかかっていた。しかし、この件と今回の辞任は関係ないと同氏は話す。関連付けるとすれば、16日に予定している閣僚会議前に辞任を発表したことだと言う。閣僚会議ではヨーロッパ政策について話し合われる予定で、そこでの議論と辞任を関連付けたくなかったと説明する。一方、今回の辞任により、この先のヨーロッパ政策に関する内閣の議論に弾みがつくだろうと同氏は加えた。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。



(独語からの翻訳・説田英香)

×