Navigation

スイスの軍訓練校、今年は1万人以上と共にスタート

スイスでは男性に兵役が義務付けられている Keystone

スイス軍の二つの軍訓練学校が15日開校し、1万200人超の入隊者と共に2018年のスタートを切った。

このコンテンツは 2018/01/24 11:57

通常、この週に軍務に不適格と判断された若者は自宅に帰される。

また今年から軍備の見直し計画が実施され、基礎訓練期間が21週から18週に短縮されたほか、入隊者は2日間の休みを自由に取得できる。

スイスの軍訓練校では、18週間の日程を一度に修了するか、分散するやり方が一定の条件下で選べる。連邦国防省によると、一度に終える方法で訓練を受けるのは約1570人。

また、入隊者の120人は女性だった。スイスでは、兵役が義務付けられているのは男性のみ。女性は希望すれば入隊出来る。兵役を希望する女性の数は増加傾向にあるが、フルタイムで兵役に就く女性は依然少ない。

>>兵役に就くスイスの女性、年々増加

国防省によると、精神面などに問題を抱えた入隊者は訓練中にサポートを受けられるが、自傷行為、あるいは他人に危害を加えるおそれがあると判断した場合、訓練から除外する。事前審査の段階で53人が除外されたという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。