スイス大手銀行がCEOの報酬上限を1億円に

Keystone / Melanie Duchene

スイス第3のライファイゼン銀行が、7月1日から最高経営者(CEO)の年間報酬を上限100万フラン(約1億1千万円)にする。同行が15日、ヴァレー(ヴァリス)州クラン・モンタナで開かれた株主総会で発表した。

このコンテンツは 2019/06/20 13:32
SDA-Keystone/ac

ハインツ・フーバー現CEOの報酬は、1月就任時にすでに調整済み。スイスの労働組合ウニアによると2018年、国内銀行大手UBSのCEO報酬は1390万フラン、クレディ・スイスは1230万フランだった。

総会で、この新しい報酬枠組みが賛成多数で可決された。不正問題で揺れた同行は今年4月、最大200人の雇用を減らし、1億フラン(110億円)の支出削減を行うと発表していた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する