スイスの視点を10言語で

スイス中銀、デジタル通貨の発行に向け一歩前進

Swiss franc notes
スイス中央銀行の実験で、分散型台帳技術(DLT)と従来の金融インフラが結びつく可能性が証明された © Keystone / Gaetan Bally

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は3日、証券取引所での決済など利用を限定したデジタル法定通貨の試験事業に成功したと発表外部リンクした。ただ実用化のめどは立っていない。

足元では、世界各国で機関投資家が仮想通貨に注目し、ビットコイン相場が記録的な高水準に達している。

プロジェクト・ヘルベチア外部リンク」と称するこの試験事業は、スイス証券取引所を運営するSIXグループと国際決済決済銀行(BIS)と共同で実施。SNBは証券取引の決済に使える「中央銀行デジタル通貨(CBDC)外部リンク」を試験的に発行した。

概念実証により、CBDCを発行して証券取引で即時決済し、スイスフランに換えられることが立証された。また分散型台帳技術(DLT)を従来の金融インフラと結びつけることも可能だと証明された。

複数の各国中央銀行がデジタル通貨の実験を進めている。デジタル通貨は物理的な通貨に取って代わり、国境を越えた決済を高速化する可能性を秘める。

SIXグループはDLTを使ったデジタル証券取引所(SDX)の新設を計画しており、SNBのCBDC発行に期待をかける。ただSNBは、実用化する前に解決しなければならない課題があるとしている。

SNBのメクラー理事は3日の声明で、「金融市場が次にどんな技術を採用しようと、スイスの金融インフラの安全性と信頼性は維持しなければならない。DLTが証券取引や決済を大きく改善するならば、SNBは準備を進める」と強調した。

メクラー氏は同日の記者会見で、DLTがセキュリティーや信頼性を損なわずに効率を大きく改善させることが、まだ証明されていないと述べた。越境決済やそれが中銀の政策運営に与える影響を調べるため、第2段階の試験が進められているという。

SDXの発足時にはCBDCはまだ実用化されず、SIX自身が発行するデジタル通貨「SDXコイン」で事業を始めることになりそうだ。SDXコインはフランとの交換比率が1対1で、SIXは安全にフランに交換できると自信を持つ。

SDXはDLTを活用し、株式や債券、その他の有価証券を新しいデジタル形態で取引できるようにする。DLTにより有価証券の即時取引・決済が可能になり、今は3日かかっている清算・決済プロセスの高速化につながる。フランのデジタル化はその中で重要な役割を担うが、必ずしも中銀が発行する必要はない。

DLTを使って証券を「トークン化」すると、株式の一部分やクラシックカーなど、あらゆる資産が取引所で取引できるようになる可能性がある。

SIXのヨス・デェセルホフ最高経営責任者(CEO)は今週、SDXは金融当局の許可を得られれば来年前半にも運営を始められると述べた。プロジェクトは開設時期の繰り返しの延期や責任者の辞任など混乱もあるが、順調に進んでいるという。

2018年7月にSDXプロジェクトが開始されたとき、SIXは1年以内に「最初のサービスが展開される」と述べました。しかし、1年後、新しい取引所の最初のCEOと他の上級スタッフが急増しました。そして今、今年の終わりまでに改訂された発売日が再び戻されたようです。

スイスの仮想通貨銀行シグナムは先月、DLTを使った私設取引所を開設した。SDXのような高頻度取引(HFT)はできないが、新しい形態の資産の取引を狙う。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部