Navigation

暗号化の「殿堂」ジマーマン氏、スイス発仮想通貨の開発に参画

ティベリウスコインは仮想通貨の相場安定を目指して開発を進める Tiberius Group

暗号化技術の第一人者、フィリップ(フィル)・ジマーマン他のサイトへ氏が、スイス発の仮想通貨プロジェクトに参画する。金属相場に連動する仮想通貨「ティベリウスコイン」を開発するスイスのベンチャー企業の最高科学・安全責任者に就任した。

このコンテンツは 2018/04/20 15:39
swissinfo.ch

米国人のジマーマン氏は12年、国際非営利組織インターネットソサイエティ(ISOC)が選考する「インターネットの殿堂」に選ばれた。14年に、行き過ぎた監視技術が横行する米国を離れ、セキュリティに特化したスマートフォン「ブラックフォン」の開発を進めるため、経営する「サイレント・サークル」の拠点をスイスに移した。同氏は電子メールやショートメッセージを暗号化するソフト「プリティ・グッド・プライバシー」の開発者としても知られる。

ジマーマン氏はティベリウスコインで、ブロックチェーン技術を活用した契約手法「スマートコントラクト」の安全性向上を担当する。

フィル(フィリップ)・ジマーマン氏は暗号化技術の第一人者だ Tiberius Group

ティベリウスコイン(Tコイン)他のサイトへはスイスのツークに本社を置く商品投資会社「ティベリウス・アセット・マネジメント」が開発。今年後半にも発行し、11月にも取引所で交換できるようにする。Tコインの価格は複数の金属のバスケット相場に連動。ビットコインを始めとする仮想通貨の激しさを和らげるためだ。

Tコインの種類は「3色」ある。①技術に使われる「銅・スズ」②電動車両に使われる「コバルト・ニッケル、アルミニウム」③貴金属「金・白金・パラジウム」だ。ティベリウス・グループ他のサイトへの最高経営責任者(CEO)、クリストフ・アイブル氏によると、これらの金属価格は比較的見通しを立てやすく、Tコインの基礎を安定させることができる。

銅でコーヒーを買う

商品価格に裏付けられたTコインは、金属の取引はもちろん他の目的にも利用できる。「20グラムの銅で今日飲むコーヒーを買える。ブロックチェーン技術を使えば、金属を支払い手段にできる。人間が数百年前に普通にやっていた『物々交換』のように」。アイブル氏は金融情報誌ブルームバーグ・マーケッツのインタビューでこう解説した。

現在、ビットコインのほか千種類を越える仮想通貨が発行されている。金やダイヤモンド、原油など個々の商品価格に連動する仮想通貨は既にある。だがTコインは複数の商品価格にバスケット方式で連動させるため、より価格が安定しやすくなるという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。