ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

春日和 ベルン、朝焼けに藤色の虹

ベルン州ホーリゲン市の天上では6日朝6時、朝焼けと共に、虹のアーチが春を象徴するように藤色に輝いた。
スイスでは4月から5月上旬にかけて、季節変動に伴う不安定な気象が報告されている。スイス気象台メテオ・スイスによると、4月の平均気温は例年並みと報告されたが、スイス各地で記録的な気温が観測された。先月21日には、チューリヒでは最低気温-4.8度、ベルンではー4.7度など、20年ぶりの寒さに見舞われ、スイス各地で降雪による農作物被害が相次いだ。一方、4月前半は暖かい春日和が続き、スイス南部では13日に気温が26度まで上がったが、少ない降水量により干ばつが懸念されていた。5月は例年より高い平均降水量が予測され、農家は事前対策が強いられている。

ベルン州ホーリゲン市の天上では6日朝6時、朝焼けと共に、虹のアーチが春を象徴するように藤色に輝いた。
スイスでは4月から5月上旬にかけて、季節変動に伴う不安定な気象が報告されている。スイス気象台メテオ・スイスによると、4月の平均気温は例年並みと報告されたが、スイス各地で記録的な気温が観測された。先月21日には、チューリヒでは最低気温-4.8度、ベルンではー4.7度など、20年ぶりの寒さに見舞われ、スイス各地で降雪による農作物被害が相次いだ。一方、4月前半は暖かい春日和が続き、スイス南部では13日に気温が26度まで上がったが、少ない降水量により干ばつが懸念されていた。5月は例年より高い平均降水量が予測され、農家は事前対策が強いられている。

(swissinfo.ch)


×