Navigation

世界の富がスイスの銀行に逃避 コロナ危機で

UBSなどスイスの銀行にとって、新型コロナ危機はマイナスばかりでもなかった © Keystone / Gaetan Bally

新型コロナウイルス危機に見舞われた2020年前半、スイスの銀行の預かり資産は800億フラン(約9兆2千億円)増えた。経済の先行き不安から、世界の富裕層が安全なスイスに資産を避難させようとしたためだとされる。

このコンテンツは 2020/09/30 10:16
RTS/jc

フランス語圏のスイス公共放送(RTS)他のサイトへによると、スイス大手8行の預かり資産は今年1~6月に総額800億フランの純増となり、うち6行は前年同期の増加幅を上回った。増加額が最も大きかったのはUBSの208億フラン。増加率が最も大きかったのはチューリヒ州立銀行(5.4倍、136億フラン)だった。

各行の決算報告によると、特に南米や欧州、中東の個人・企業からの預かり資産が増えた。各行のリストには一部の国名が挙がるが、詳細は不明だ。

ブルームバーグ他のサイトへによると、英国の富豪で掘削機メーカーJCB会長のアンソニー・バンフォード卿は最近、カリブ海に預けていた資産60億ドル(約6300億円)をスイスに移した。

資金の逃避先

金融業界団体ジュネーブ金融センター他のサイトへのエドゥワール・クエンデ会長はRTSに対し、「世界的な健康と経済の危機に直面している各国の資産家にとって、スイスは安定と安全を約束する国だ」と語った。

また、税務弁護士のフィリップ・ケネル氏はRTSで、「スイスは危機にうまく対処し、医療インフラが良好で、税制が魅力的な国だというイメージがある」と話した。スイスの銀行は危機を乗り越えるのに十分な資本が積まれているとの指摘もある。

一方でRTSは、スイスに集まる資産の一部は「汚れている」可能性があると報じた。バンフォード卿が資金をスイスに移した理由を探ろうと、RTSの記者はローザンヌの賃貸ビルに入っている持ち株会社JCBグループ・ホールディングス本社を訪れた。2019年に設立された同社は世界中で1万5千人の従業員を抱えるが、本社には「従業員が全くいなかった」という。「ビル内にいる唯一の人間は、我々の質問に答えようとしなかった」

スイスの銀行

スイス銀行協会によると、スイスの銀行の預かり資産総額は昨年、13.8%増の7兆8934億フランとなった。

オフショアマネー(自国以外の銀行に預けられた個人の資産)の約4分の1がスイス内で管理されている。

2019年のスイスの銀行の純利益は総額661億フラン(前年比1.1%増)、粗利益は232億フラン(4.5%増)だった。 

End of insertion

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。