Navigation

Skiplink navigation

バーゼル・ワールドに逆風 出展企業が下降線

逆風にさらされるバーゼル・ワールド Keystone

来年3月22日~27日に開かれる世界最大の時計と宝飾品の見本市、バーゼル・ワールドが逆風にさらされている。出展企業は前回の半数の600~700社にとどまる見込みだ。

このコンテンツは 2017/11/11 11:00

バーゼル・ワールドは毎年、世界の有名時計ブランドが最新モデルを発表するイベントとして知られる。今年3月のバーゼル・ワールドは1300社が出展した。

主催団体の広報担当クリスティアン・イェッカー氏は8日、スイス公共放送ラジオ(SRF)の取材に対し、展示スペースはこれまでの3分の1ほど縮小するが、主要な企業は残ると話した。出展料は1割引になるという。

100周年を迎えた今年のバーゼル・ワールドは前年より出展企業が200社減り、主催団体は危機感を感じていた。主催団体は、時計産業をめぐる経済状況の変化や、年に1回開かれる類似の国際時計見本市「SIHH(ジュネーブサロン)」の存在が要因とみる。

自分がまいた種だという指摘もある。地元紙のバーゼル・ツァイトゥングによると、かつて出展していた企業からは、高すぎる出展料や主催団体側のコミュニケーション不足などについて不満が挙がっている。ビール(ビエンヌ)市の高級時計メーカー、エベラールの社長は同紙に「バーゼル・ワールドは高すぎる。その支出額に収入が見合わない」と漏らした。

外部リンクへ移動

今年のバーゼル・ワールドの来場者は前年比4%減の10万6千人。韓国サムスン電子などの大企業が初めて出店したことでも話題になった。

2018年のバーゼル・ワールドは6日間で、前回より2日短い。

(英語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する