ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

建築都市・バーゼル ヘルツォーク&ド・ムーロン、スイス最高層の居住ビル建設へ

ヘルツォーク&ド・ムーロンが建築するビルのイメージ図
(Herzog & de Meuron)

スイスの建築事務所ヘルツォーク&ド・ムーロンがバーゼルに高層ビル3棟を建築する。居住用のビルとしては国内最高となる。

同社は小売大手ミグロ、クリストフ・メリアン財団とバーゼル市が公募したコンペで、5社の競合を破って選ばれた。バーゼルの街外れドライシュピッツ(Dreispitz)区域に居住用アパートを建設するプランだ。

ここにはもともと免税店の倉庫があり、このエリアを居住施設、教育・娯楽施設などからなる都市型地域へと再開発する。ヘルツォーク&ド・ムーロンが手がけるのは、高さ135~160メートルの円筒状のビル3棟。鉄道の線路沿いに建設する。他にも低層居住ビルが街の中心に向かって広がる。プロジェクト全体でアパート800棟が建設される予定。

同プロジェクトには約8億フラン(約910億円)が投じられ、21世紀以降ではバーゼルで最大規模の再開発となる。ヘルツォーク&ド・ムーロンはスイスで最も高いビル、ロシュタワー(178メートル)を建設した実績がある。タワーは製薬会社ロシュの自社ビルで、バーゼルにある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

Teaser Prix De Lausanne

prix de lausanne

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×