Navigation

スイスの高級百貨店グローブス、10億フランで売却

グローブスのローザンヌ店 Keystone / Laurent Gillieron

スイスの小売最大手ミグロは4日、傘下の百貨店グローブスを売却すると発表した。売却先はタイの小売最大手セントラルグループとオーストリアの不動産会社シグナの合弁会社。売却額は約10億フラン(約1100億円)と報じられている。

このコンテンツは 2020/02/05 12:41
Keystone-SDA/Reuters/dos

売却するのはブランドとしてのグローブスと、チューリヒ、バーゼル、ベルン、ザンクトガレンにある8店舗。

ミグロがグローブスを約7億フランで買収したのは1997年。プレスリリースで「興味を示した12社のうち、シグナとセントラルグループが最も良い買収額と将来戦略を提示した」と述べた。グローブスの存続と店舗網拡大を保証する戦略だという。

ミグロは昨年6月以降、家具販売のインテリオ、電動自転車のエムウェイ、インテリアデザインのグリース・デコを相次いで売却。グローブスはその締めくくりとなりそうだ。

ブランド名はそのまま

シグナとセントラルグループはこれまでに欧州各地で高級百貨店を多く買収してきた。ドイツのカーデーヴェー、イタリアのリナシェンテ、オランダのイルムなどだ。

セントラルグループのヴィットリオ・ラディス最高経営責任者(CEO)は「歴史あるスイスブランドとして、地元で存在感があり国際的にも認知されているグローブスは、我々の欧州戦略に完璧に合致する」とコメントした。同氏はグローブスの経営を引き継ぐとみられる。

買収後もグローブスのブランド名を踏襲し、中核事業である高級品・最高級品の品ぞろえを2倍にする。

グローブスは国内に48店舗を構え、うち12店舗は大型百貨店。フルタイム換算で2409人を雇用している。昨年の年間売上高は7億6300万フランと、複数の閉店が響いて前年比5.6%減った。インターネットショッピングとの競争でも苦戦を強いられている。

買収は欧州の競争当局の承認が必要で、2020年半ばにも成立する見通し。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。