ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

諜報活動 スパイが集まる国、スイス

ジュネーブ湖の噴水と影を負う人物

ジュネーブは観光客に紛れてスパイ活動をする絶好の土地とされている

(Keystone)

外国スパイによるスイスでの会合数が急激に増えている。一方、スイスの連邦情報機関(NDB/SRC)他のサイトへも監視の目を光らせる。

 日曜紙NZZ・アム・ゾンタークが4日、報じた。外国のスパイがスイスで会合する数は、秘密情報への需要の高まりとともにこの数年「爆発的に増えている」(匿名の情報提供者)。諜報員らに海外での新たなミッションを与えたり、報酬の支払いや情報収集をしたりするのにスイスで会合を開くという。

 スイスがスパイ会合の聖地となっているのは、ヨーロッパの中心に位置する地理的要因や、交通網などのインフラ、警察の調査の緩さなどが背景にある。

 同紙は「彼らは一般人と変わりない外見で、むしろ他の人より目立たない。チューリヒのホテルのロビーやベルンの大使館関係の建物、ジュネーブの会議場に集う。偽の身分証明書で生活し、いわゆるコードネームで呼び合う」と解説した。

 NDBはこうした会合の存在を把握している。NDB広報のイザベル・グラーバー氏は「会合の存在を暴いたり開催を阻止したり、少なくとも妨害する」よう試みているとコメント。各国の関連機関と協力して監視に当たっているという。

 グラーバー氏は「友好関係にある国の利益に反する人物がスイスで会合を持つことは、スイスの利益に反する」と話す。「スイスと同じように、友好国が自国内でスイスの利益に反するスパイ活動が行われないように努力してほしい」

 スイスは2016年、NDBに私的な電話の傍受やサイバー空間の監視をする権限を与える諜報活動強化法案を国民投票で可決。17年9月に発効した。


swissinfo.ch/jc

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。