Navigation

新型高速列車Giruno、運行は2019年から

最高時速250kmの新型高速列車Giruno Keystone

スイスの鉄道車両メーカー、シュタッドラー・レール社が18日、新型高速列車Girunoをお披露目した。Girunoは6カ月前に開通した世界最長の鉄道トンネル、ゴッタルドベーストンネルを2019年より運行する予定だ。

このコンテンツは 2017/05/22 09:30
swissinfo.ch und Agenturen

Girunoの最高時速は250km。列車の全長は400メートルで、座席数は現在ゴッタルドベーストンネルを運行中の列車よりも4割多い、全810座席となっている。

現代的で機能的な内装 Keystone

ゴッタルドベーストンネルの運用が2016年12月に開始されてから100日間で、同トンネルを通過する乗客数は約4割増加。スイス連邦鉄道は、バーゼル、ルツェルン、ティチーノ間の運行本数を増やす予定で、今後さらなる乗客数が見込まれる。現在完成しているGiruno29本の総額は約10億フラン(約1140億円)に上る。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。