ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

鉄道 新型高速列車Giruno、運行は2019年から

最高時速250kmの新型高速列車Giruno

最高時速250kmの新型高速列車Giruno

(Keystone)

スイスの鉄道車両メーカー、シュタッドラー・レール社が18日、新型高速列車Girunoをお披露目した。Girunoは6カ月前に開通した世界最長の鉄道トンネル、ゴッタルドベーストンネルを2019年より運行する予定だ。

 Girunoの最高時速は250km。列車の全長は400メートルで、座席数は現在ゴッタルドベーストンネルを運行中の列車よりも4割多い、全810座席となっている。

現代的で機能的な内装

現代的で機能的な内装

(Keystone)

 ゴッタルドベーストンネルの運用が2016年12月に開始されてから100日間で、同トンネルを通過する乗客数は約4割増加。スイス連邦鉄道は、バーゼル、ルツェルン、ティチーノ間の運行本数を増やす予定で、今後さらなる乗客数が見込まれる。現在完成しているGiruno29本の総額は約10億フラン(約1140億円)に上る。

トンネル・ツアー 360度動画で見るゴッタルドベーストンネル

2016年6月1日についにスイスで完成した、世界最長の鉄道トンネル「ゴッタルドベーストンネル」。スイスのトンネル史上に残るゴッタルドベーストンネルの舞台裏を、360度動画でご紹介します。 スマートフォンで360度動画をご覧になりたい場合は、YouTubeアプリをダウンロード後、

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(英語からの翻訳・説田英香), swissinfo.ch und Agenturen

×