スイスの視点を10言語で

スイス企業はどれだけスイスらしい?

2015年、スイス企業のトップマネージャーの約半数は外国人になるといいます。管理職に外国人を持つ企業はどれだけスイスらしさを保てるのでしょうか。スイス企業のアイデンティティーや価値観はやはり押しつぶされ、希薄になってしまうのでしょうか。

スイスに本社を置く多国籍大企業やブルーチップ(アメリカの株式市場で取引されている優良株式銘柄)企業では、管理職の3分の2はすでに外国人です。中企業でも、新しいマーケットに進出するためのノウハウを持つ外国人の採用が活発化しています。

このような状況が続くと、スイスらしさは徐々に無くなってしまうのでしょうか。それとも、国籍に関係なく最高のマネージャーを起用することはスイスの発展にプラスになるのでしょうか。

日本でも管理職に外国人が増えています。日本について、スイスについて、あなたのご意見をお聞かせください。

人気の記事

世界の読者と意見交換

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部