スイスの視点を10言語で

チューリヒ空港に日本の設計事務所手掛けた複合施設がオープン

ザ・サークル
チューリヒ空港にオープンした複合施設「ザ・サークル」 Zurich Airport

日本の山本理顕設計工場が手掛けたチューリヒ空港の商業・娯楽複合施設「THE CIRCLE(ザ・サークル)」が5日、一般向けにオープンした。国内が新型コロナウイルスの第2波に見舞われる中でのスタートとなった。

ザ・サークルは空港の隣接地に位置し、延床面積は約20万平方メートル。半円形の建物と公園があり、いずれも空港ターミナルに直結している。ホテル2軒、チューリヒ大学病院の外来診療センター、大型会議センター、オフィススペース、レストラン、小売店、娯楽施設が入る。

5日にオープンしたのはショップ、レストラン、公園エリア。今後数カ月以内にはさらに複数の店舗とホテル、コンベンションホールがオープンし、来年以降は共同ワーキングスペース、ジム、保育園などが加わる予定という。

建設期間は5年超で、投資額は12億フラン(約1360億円)に上る。空港運営会社と保険大手スイスライフが共同運営する。

山本理顕設計工場によると、ザ・サークルは極限まで細くした柱などを使い、スイスの「緻密さ」を表現。斬新なデザインであっても、訪れる人がどこか懐かしさを感じる空間に仕上げた。山本氏は「ザ・サークルはひとつの大きな建築ではなくひとつの都市。この都市空間は誰でも自由に参加し楽しむことができる。また世界中から新しい活動をする人たちを待ち受けている」とコメントした。

チューリヒ空港は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、今年上半期の乗客数は64.3%減、損失額は2750万フランと深刻な打撃を受けた。通常に戻るのは早くても2024年頃の見通しだという。

ザ・サークルのシュテファン・フェルドマン社長は「困難な時期でのオープンとなったが、あらゆる人にとって活力ある場にしていく」とコメント。同氏によると、オープン初日は、全ての分野でフロアの80%が入居済みとなった。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

スーツを着た男性の顔写真

おすすめの記事

スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏

このコンテンツが公開されたのは、 世界中から100の代表団がスイスに集結した「ウクライナ平和サミット」。実行委員会トップとして参加国の招待や共同声明の草案作りを担ったスイス外務省のガブリエル・リュヒンガー氏が舞台裏を振り返った。

もっと読む スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏
マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部