ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

COVID-19 新型コロナに見るスイス人のユーモア

新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)は多くの人のありようを変えた。だがスイス人の風刺画家にとっては、むしろ日頃のユーモアセンスを発揮する絶好の機会となった。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)はその新しく際立つ存在感だけでなく、政治や社会の反応もあり、国内の漫画家たちに豊富な材料を提供した。

特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大し、スイス政府は全国民に外出を控えるよう勧告している。この特集では、スイスでの感染状況や政府の対応、企業の動きなどを追う。

スイスの風刺画家協会Gezeichnet他のサイトへは私たちが経験するこの大変な日常をユーモアたっぷりに表現した作品の面々に目を付け、一部をInstagramのアカウントで紹介することに決めた。ベルン通信博物館もこれに加わっている。

同博物館マーケティング・コミュケーション担当の責任者ニコ・グルトナーさんは「危機の最中だからといって、ユーモアのセンスを失ってはいけない」と話す。「これらの絵をまとめて1つの展示会にしたら、自宅勤務で孤独を感じている人のちょっとした気晴らしになると思った」

グルトナーさんは、移動の自由が制限された今のような時期には特に、孤独の中にいる人達へユーモア溢れるコンテンツを提供することはとても大事だという。

コレクションは日々増えている。いつまで続くかは未定だ。確かなのは、作品をネット上以外でも見られるようになるということ。ベルン通信博物館は今年12月、回顧展「Gezeichnet 2020他のサイトへ」を開く予定だ。

多くの作品がここで展示される。それまでに、ロックダウンがぷっと笑えるただの思い出話に変わっていてほしい。

全ての作品は、下記のリンク先から見ることができる。

👉 https://www.instagram.com/von_corona_gezeichnet/他のサイトへ

👉 https://www.instagram.com/mfk_bern/他のサイトへ 

Tシャツ

「私たちはできるだけ迅速に、でも必要に応じてゆっくりと行動しなければならない」とフランス語で書かれたTシャツ。アラン・ベルセ内相が発したこの言葉はインターネット上で大いに「バズった」。ユーモアと商才あふれるものもまた、あちこちに登場した。

Tシャツはコミュニケーション会社「By The Way Studio」が作った。ロゴはGo Print社がシルクスクリーンでプリントした。収益はスイスの慈善団体「幸福の鎖」に寄付。同団体は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で犠牲になった人たちへの寄付活動を立ち上げた。

(Keystone / Alessandro Della Valle)

外部リンクへ移動

ニュースレター

週に1回お届けするswissinfo.chの日本語ニュースレターをご希望の方はこちらからご登録ください。

絵の枠を超えて

新型コロナウイルスのユーモアはありとあらゆる材料を駆使して、たった一秒でも国民の不安や心配を吹き飛ばせれば、と奮闘している。

上のTシャツのように、連邦内閣閣僚が発する言葉は特に格好の材料になる。

スイス公共放送ラジオ(SRF)の若手音楽プロデューサーは、アラン・ベルセ内相とシモネッタ・ソマルーガ連邦大統領の発言からテクノソング「Stay at home(自宅にいよう)」を作った。これは「2020年のサウンドトラック」の1つに間違いなく入るだろう。

(2)

ベルセ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。