チューリヒの春祭り セクセロイテンの舞台裏

Keystone / Melanie Duchene

チューリヒでは毎年4月、ある月曜日の午後6時に、セクセロイテン広場に設置された雪男が爆発する。これは春を祝う伝統行事「セクセロイテン」の儀式で、雪男の頭が爆発するのにかかった時間で夏の天気を占う。雪男の名前は「ベーグBöögg」。ベーグの製作現場をのぞいた。

このコンテンツは 2019/04/09 13:17
swissinfo.ch

セクセロイテンは、複数の慣習が一つに組み合わさって今の姿になった。一つは春分の日にちなみ、少年たちが手作りしたわら人形を燃やすという習慣。そしてもう一つは、ギルド(職人組合)のメンバーが鐘の音で労働時間を調整していたという習慣だ。職人、商人は冬は午後5時まで、夏は午後6時まで働いていた。

1892年、この二つの習慣が合体し、午後6時の鐘の音で、花火を詰めた巨大な雪男のわら人形を燃やすという儀式が固定化された。

儀式は午後6時ちょうど、ベーグが立つ高さ10メートルのわらの玉座に火をともす。伝統衣装を着たギルドのメンバー約3500人が儀式を見守る。玉座の周りをギルドのメンバーが馬に乗ってぐるぐると駆け回り、爆発の瞬間を待つ。

雪男の頭が大きな音を挙げて爆発する―。それには専門家による熟練の技が欠かせない。セットデザイナーでギルドのメンバーでもあるルカス・マイアーさんが、スタッフの助けを借りてベーグを製作している。

2019年のベーグを製作中のルカスさん。製作を任されるようになったのは4年前で、それまでは7年間見習いをしていた Keystone / Ennio Leanza
ベーグは全長3.4メートル、重さ100キロ。約5千本の木の枝で作られている Keystone / Ennio Leanza
頭部の直径は1.8メートル。頭も体も、中には花火がぎっしり詰めてある Keystone / Ennio Leanza
雪男の首元に付けるボウタイは、ゲストパスでもある。毎年、一つの都市がゲストとして招かれる。今年は外国の都市として初めて仏ストラスブール市が招かれた Keystone / Ennio Leanza

​​​

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する