Navigation

1杯のウイスキーに110万円 中国人観光客が舌鼓

(左から)ホテル「ヴァルトハウス・アム・ゼー」にあるバーのソムリエ、ウイスキー愛好者の中国人男性、同ホテルオーナーのサンドロ・ベルナスコーニさん Sandro Bernasconi

スキーリゾート地サン・モリッツにあるホテルのバーで、1878年製造の未開封のビンテージウイスキー、ザ・マッカランのボトルが開けられた。グラス1杯の値段は何と9999フラン(約110万円)。注文したのは中国人の男性観光客で、130年ものの味わいに舌鼓を打った。

このコンテンツは 2017/08/03 12:45
swissinfo.ch, agencies, swissinfo.ch, agencies/ts

マッカランの大ファンであるこの男性はほかの中国人観光客と一緒に、ホテル「ヴァルトハウス・アム・ゼー」のバーを訪れ、大好きなマッカランのビンテージものを注文した。同ホテルは、世界最大のウイスキーコレクション(2500本)を持つホテルとしてギネスブックに掲載されている。

注文を受けたホテルオーナーのサンドロ・ベルナスコーニさんは、古いコルクが崩れないように慎重にボトルを開け、グラスに注いだ。男性は、130年たっても色あせないマッカランの味わいに驚いていたという。1878年製造のボトルは、未開封のものとしては世界で最後の1本だった。

今回開けられた1878年製造のビンテージウイスキー Sandro Bernasconi

味見したベルナスコーニさんは、「ポートのノートを携えた古いコニャックのような香り。舌の上でとろけた後にシェリーの甘みが広がる」と話した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。