Navigation

deCODE(ロシュの提携企業)アルツハイマー要因の遺伝子確認

ロシュ(バーゼル)は、提携企業のdeCODE genetics(アイスランド)が、アルツハイマーを引き起こす遺伝子の特定に成功したと18日発表した。

このコンテンツは 2000/08/18 19:11

ロシュ(バーゼル)は、提携企業のdeCODE genetics(アイスランド)が、アルツハイマーを引き起こす遺伝子の特定に成功したと18日発表した。

ロシュの発表によると、deCODE geneticsはアイスランドのアルツハイマー患者1、100人の診断・研究の結果、アルツハイマーを引き起こす遺伝子の場所を突き止めた。

65歳以上の人の5%がアルツハイマーに罹っているという。寿命が伸びるにつれ、アルツハイマーとそれに伴う症状は高齢者を苦しめ、また、その治療費は健康保険制度の負担となってきている。ここ10年間、診療は進歩してきているものの、決定的な治療法は見つかっていない。

アルツハイマーの分子異常における重要な役割を果たす遺伝子を特定するdeCODEの発見は、遺伝子研究上の画期的な成功だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。