スイスで行われる大気中と土壌の放射能測定

スイスで発生した重大な原子力・放射能事象に対応するモニタリングおよび緊急特別部隊で、重要な役割を果たすのがシュピーツ研究所だ。シュピーツ研究所の科学者たちは9月末、軍の特殊部隊「ABC Abwehlabor 1」のスタッフとともに、ベルン州のミューレベルク原発で事故が発生した場合の対応を確認した。映像は大気中の放射能を測定する様子。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/11/29 10:30


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する