ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アメリカの死刑囚 死刑囚 心の中を絵に描く

スイスの有名な風刺漫画家のパトリック・シャパットさんと記者のアンヌ・フレデリック・ヴィッドマンさんは、カリフォルニア滞在中に死刑囚と出会い、展覧会「死の廊下に開く窓」のために、絵やデッサンを描いてくれるよう依頼した。

同意してくれた死刑囚の多くは、絵を描くことで精神の健全さを保っている。

1番目のギャラリーの作品についている解説は、現在、ジュネーブとモルジュで4月末まで行われている展覧会の解説から抜き取られた。

ロサンゼルスで2015年10月にスタートした同展覧会は、このスイスでの開催の後に再びアメリカに戻る予定だ。(写真・Martin Cohen 制作・スイスインフォ)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。