ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

インド伝統の代替医療 問題の根っこを治療する

アーユルヴェーダ(Ayurveda)は、インドで数千年前に生まれた伝統医療だ。サンスクリット語の「生命の知識」という言葉から由来する。施術者は、症状よりも病気の根源を治療する。

ハーブ療法を基本とするアーユルヴェーダは、予防治療とヒーリングを組み合わせたもので、健康的な生活についての哲学に基づいている。治療には、長期間のデトックス・プログラムや、若返りのためのオイルマッサージなどがある。

インドのジャームナガル(Jamnagar)にあるグジャラート・アーユルヴェーダ大学(1967年設立)は、アーユルヴェーダの授業や研究に特化した初の機関だ。世界中から集まった学生が授業を受けている。(All images Peter Volck / laif)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。