Navigation

危険な動物と共存する方法

スイスでは最近、人に危害を与える恐れがあるという理由で、たった1頭しかいない野生のクマが射殺された。イタリアから国境を越えてやって来るクマの増加が予想される中、クマとの共存が可能かどうかが模索されている。

このコンテンツは 2013/04/01 11:00
swissinfo.ch

「問題児」だった3歳のクマM13は今年2月、集落から遠ざけることが難しいとの判断で射殺された。2008年にも、JJ3という別のクマが同じ理由で射殺されている。行政当局は今後、スイスにやって来たクマが同じような運命をたどらないよう対策を取る方針だ。しかし、国境付近に暮らす農家と村の住民が野生動物に対する態度を改めない限り、その実現は難しいという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。