Navigation

「スイス住民」だったジョニー・アリディさん

5日にがんで亡くなったフランス人ロック歌手・ジョニー・アリディさんはスイスのフランス語圏でも絶大な人気があった。節税目的でスイスに住んだ時期もあった。

このコンテンツは 2017/12/06 18:01

アリディさんは当初からスイスで活動していた。17歳で初めて開いたライブの会場に選んだのはジュネーブのクラブ「ザ・クリケット」だった。その後もスイス各地でコンサートを開き、ヴォー州の刑務所で歌ったときは大きな話題になった。最後にスイスを訪れたのは今年6月13日、ジュネーブでフランス人歌手エディ・ミッチェルさんやジャック・デュトロンさんが開いたツアー「ヴィエイユ・カナイユ(Vieilles Canailles)」への登壇だった。

ベルン州民に

アリディさんがスイス人の注目を浴びた理由は音楽だけではない。2006年にベルン州のリゾート地、グシュタードの山小屋に居を構えたことで一段と有名になった。

ただアリディさんは「6ヶ月以上の居住」という優遇税制の適用条件を満たしていなかったこともあり、最終的には米カリフォルニア州に移った。グシュタードの山小屋は15年に売り払った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。