ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

一風変わった輸送 湖上を移動する牛たち

毎年4月の始めになると農夫ヨーゼフ・ヘッキーさんの牛たちは、シュヴィーツ州プフェッフィコンからチューリヒ湖に浮かぶスイス最大の島、ウーフェナウ島他のサイトへ移動する。移動はもちろん唯一の交通手段である船だ。面積11万平方メートルのこの島で牛たちは5月末まで過ごす。

草原のタンポポなどの草花を食し、思う存分に動き回ることができるウーフェナウ島他のサイトへは、牛たちにとっての楽園だ。また、ヘッキーさんも牛たちがここで過ごす間は草を刈る必要がない。

ウーフェナウ島はアインジーデルン修道院の所有地だが、ヘッキーさんは島の森や草原などの管理を任されている。この島で生活できるのは、まだ子牛を生んでおらず、雨風に耐えられる体力を持つ1歳以上の雌牛だけだ。

牛たちは5月末になるとグラウビュンデン地方の高原に移動し、そこで秋まで過ごした後、再び小船でウーフェナウ島に戻る。ヘッキーさんの農場は、これを29年間続けている。

スイスの写真家ステファン・ラッポ他のサイトへさんは、ヘッキーさんと牛たちの生活をルポし、報道写真に贈られるスイスの賞「スイス・プレスフォト」のスイス史部門で表彰された。

(独語からの翻訳・説田英香)