Navigation

ジャン・ティンゲリーの世界

スイスの彫刻家ジャン・ティンゲリー。ガチャガチャと音をたてる動く彫刻の作者として知られている。また画家としても活躍した。

このコンテンツは 2012/11/19 11:00

バーゼルに1929年に生まれ、1952年パリに移ったティンゲリーは20世紀半ばのパリ・アヴァンギャルドの作家として有名になった。その後多くの動く彫刻を制作。それらはしばしば、消費社会を批判するものでもあった(swissinfo.ch)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?