Navigation

ジャン・ティンゲリーの世界

スイスの彫刻家ジャン・ティンゲリー。ガチャガチャと音をたてる動く彫刻の作者として知られている。また画家としても活躍した。

このコンテンツは 2012/11/19 11:00

バーゼルに1929年に生まれ、1952年パリに移ったティンゲリーは20世紀半ばのパリ・アヴァンギャルドの作家として有名になった。その後多くの動く彫刻を制作。それらはしばしば、消費社会を批判するものでもあった(swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。