Navigation

富裕都市ジュネーブ、ホームレスに核シェルターを開放

富裕層が多いことで知られるスイス・ジュネーブ。だがその一方で、軒下や玄関先には零下でも野宿生活をする人々もいる。(SRF/swissinfo.ch) 

このコンテンツは 2018/03/02 14:30

この冬、市民用の核シェルターとして作られた地下室2カ所が、ホームレス用の避難場所として開放された。11月中旬から3月末まで、計200床がホームレスに提供される。午後7時15分に開場、宿泊者にはスープの炊き出しがあり、シャワーを浴びることも出来る。朝食も出るが、午前8時15分には外に出なければならない。

だがこのシェルターの存在を知らないホームレスも多い。このためソーシャルワーカーが街を回り、利用を呼びかける。その巡回活動にスイス公共放送(SRF)の記者が同行した。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。