Navigation

宇宙探査 小国スイスの大きな貢献

宇宙望遠鏡ケオプスが打ち上げ スイスなど開発

このコンテンツは 2019/12/19 12:20

スイスの研究者らが開発した宇宙望遠鏡「CHEOPS(ケオプス)」が18日、宇宙へ飛び立った。ソフトウェアのトラブルで予定より24時間遅れてのスタートだった。⁠

CHEOPSを載せたロシアの宇宙船ソユーズが、フランス領ギアナ・クールーにあるギアナ宇宙センターで、現地時間同日5時54分に打ち上げられた。欧州宇宙機関の共同ミッションで、この観測衛星は145分後にロケットから切り離される。⁠

3年間にわたり太陽系外の100個の惑星を観測する(現時点では4000個以上の惑星が確認されています)。惑星の詳しい情報が手に入れば、地球の成り立ちや地球外生命体の理解につながると期待される。⁠

宇宙望遠鏡はベルン大学、スイス企業、欧州宇宙機関などが共同で開発した。⁠

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。