Navigation

スイスの暗号化企業、CIAのスパイ活動に関与

Keystone / Urs Flueeler

スイスの通信暗号化企業クリプト(本社・ツーク)が半世紀近くスパイ活動を行っていたとの疑惑で、スイス政府が調査に着手したことが明らかになった。

このコンテンツは 2020/02/14 11:22
Keystone-SDA/SRF/dos

政府は11日、クリプト社が極秘に米中央情報局(CIA)と西ドイツの情報機関である連邦情報局(BND)に買収されていた疑惑について、調査を開始したことを認めた。ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)やドイツのZDF、米ワシントンポストの共同調査が追及した。

SRF他のサイトへが入手した280ページの文書によると、両情報局は1971年に共同でクリプトを買収。リヒテンシュタイン籍の財団を隠れ蓑にしていた。

以降、両情報局は世界各国の政府や大使館、軍司令部の間の数十万件に及ぶ通信を傍受。少なくとも2018年までスパイ活動は続き、100カ国以上が傍受された。

報道によると、クリプト社の暗号化機械には解読可能な製品があった。セキュリティが万全で解読できない機械は、スイスを含めごく一部の国しか入手できなかった。

政府の対応

SRFの報道番組ルンドシャウによると、疑惑についてはスイス国防省が昨年11月に初めて政府に報告した。政府は1月15日の閣議で調査開始を決めた。

スイス経済省は調査を踏まえ、クリプト社の製品は「未解決の問題が解明されるまで」輸出を禁止したことを明らかにした。

ワシントンポスト他のサイトへは11日に「世紀のインテリジェンスクーデター」と銘打って調査資料を公開​​。「冷戦で最も厳重に守られた秘密」の一つだと指摘した。

英BBCは2015年、クリプト社が冷戦中に米国家安全保障局(NSA)や英諜報機関と協力していたと報じた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。