スイスの視点を10言語で

2026年冬季五輪招致を目指すシオン 州の財政プランに反対の声

シオンの風景
スイス南西部に位置するシオンは、2026年冬季五輪の開催地に立候補している Keystone

2026年冬季五輪の候補地の一つ、スイス・ヴァレー州の州都シオンで、同州の有権者の6割が招致活動費のために州予算から1億フラン(約110億円)を投じることに反対している。

 ヴァレー州では6月10日の住民投票で、2026年冬季五輪招致にかかる経費支出に対する是非が問われる。仏語圏のスイス公共放送(RTS)の委託で調査会社ソトモ外部リンクが実施した世論調査で、「反対する」「おそらく反対する」と回答した有権者は58%だった。 「賛成する」「おそらく賛成する」は42%、「未定」は2%だった。

外部リンクへ移動

 6月10日の投票で問われるのは、ヴァレー州がシオンへの五輪招致に州予算から1億フランを拠出することへの賛否だ。インフラ整備に6千万フラン、セキュリティに4千万フランがかかる。財源をどう捻出するかが問われており、住民投票の結果は招致活動の命運を左右する。

 世論調査を男女別にみると、女性で「賛成する」と回答したのは32%と、男性の49%より低かった。年齢層による差はなかった。地域別では、州内の独語圏では賛成が48%と、仏語圏の39%よりも高い支持を得た。

 政治思想別では、左派・右派の支持は低く、中道派は意見が割れている。シオン招致の反対派が根拠に挙げるのは「高い開催費用」が60%と最も多い。賛成派は「ヴァレーが世界の舞台になる」(33%)ことを賛成理由とする。

 今月初めに発表された世論調査では、賛成と反対が拮抗していた。

 スイスオリンピック委員会とスイス連邦政府は、シオンの招致計画を支持している。計画では、ヴァレー州のほかヴォー州、ベルン州、フリブール州の4州にまたがり、既存のインフラを活用する。連邦政府は昨年10月、シオンに招致が決まれば連邦予算から約10億フランを拠出すると約束した。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

スーツを着た男性の顔写真

おすすめの記事

スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏

このコンテンツが公開されたのは、 世界中から100の代表団がスイスに集結した「ウクライナ平和サミット」。実行委員会トップとして参加国の招待や共同声明の草案作りを担ったスイス外務省のガブリエル・リュヒンガー氏が舞台裏を振り返った。

もっと読む スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏
マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部