ジュネーブ州の電子投票システム 安全性を危惧

ジュネーブ州は、電子投票システムが国内で最も浸透している Keystone

ジュネーブ州の電子投票システムに重大な欠点があることが分かった。投票する人を悪質なウェブサイトにアクセスさせる可能性がある。州は問題を認識しており、数年前に対策を導入時済みだと主張する。

このコンテンツは 2018/11/07 15:20
SRF/sb

ハッカー集団カオスコンピュータークラブ・スイス支部のフォルカー・ビルク氏は、スイス最大規模を誇るジュネーブ州の電子投票システムに、安全性の低いウェブアドレス保護策が用いられていると指摘した。

ビルク氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)で、同システムにDNSキャッシュポイズニングの攻撃を受けやすい弱点があることを突き止めるのに数分もかからなかったと話した。ドメイン名の脆弱性を悪用し、インターネット利用者を正当なサーバーから強制的に偽のサーバーに迂回させる攻撃だ。ビルク氏は何十年も前から問題になっている攻撃だと指摘した。

ジュネーブ州は3日、SRFに対し、以前からある程度問題を認識しており、03年に対策を実施、15年にシステムの安全性を強化したと書面で回答した。「これまでの電子投票では異常は見られなかった。各投票の間、恒常的に監視を続けている」と述べた。

専門家は、スイスの電子投票の安全上の欠陥を繰り返し警告してきた。政府が永久に電子投票システムを導入できないようにするイニシアチブ(国民発議)を立ち上げる計画もある。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する