Navigation

Skiplink navigation

スイスの戦闘機購入計画 グリペンEが脱落、F35Aなど4機へ

6月7日、スイスのパイエルヌ基地で行われたFA-35Aのテスト飛行。スイス連邦政府は老朽化した戦闘機の刷新のため、総額60億フランの戦闘機購入計画を立ち上げた。現在、候補機の選定を進めている © Keystone / Peter Klaunzer

スイス連邦政府が進める戦闘機購入計画で、スウェーデン・サーブ社のJAS39グリペンEが、スイス空軍基地で今月末に予定している候補機のテスト飛行に参加しないことになった。グリペンEは候補機レースから脱落、F35Aを含む4機に絞られた。

このコンテンツは 2019/06/17 10:57
Keystone-SDA/Reuters/sb

サーブ社は13日、テスト飛行への不参加を発表。声明によると、テスト飛行は2019年時点で運用準備が整った機体に限られ、開発途中のグリペンEはこの条件を満たさないため、連邦国防省装備局(armasuisse)が同社にテスト飛行へ参加しないよう勧告した。テスト飛行は今月24~28日を予定している。

同社の最新鋭機グリペンEは現在、スウェーデン、ブラジルで製造・テスト中。スイス軍による新戦闘機候補の募集に対し、今年1月25日、グリペンEを申請していた。

同社は「テスト飛行の対象は2019年時点で運用準備が整った航空機とするというスイスの計画と、グリペンEの開発計画が合致しない」と述べた。ただ「スイス政府が配備を予定する時期には運用を開始し、必要とされる機能もすべて搭載している」と強調した。

連邦国防省装備局は同日、声明を出し、テスト飛行の延期は他の候補機との公平性を保てないとして認めなかった。

スイス連邦政府は老朽化した戦闘機の入れ替えのため、計60億フラン(約6600億円)の戦闘機購入計画を進めており、空軍基地で候補機のテスト飛行を実施していた。残る4機はF35A、ラファール、F/A-18E/Fスーパーホーネット、ユーロファイタータイフーン。

>>スイス、どの戦闘機を買う?

候補機は2020年中に評価を終え、政府が最終決定を行う。新しい戦闘機の導入は2025年までに完了する見通し。戦闘機購入計画は任意のレファレンダムの対象で、今後国民投票にかけられる。

>>国民投票にかけられる戦闘機購入計画とは?

新しい戦闘機購入計画は国内で物議を醸している。 スイス連邦政府は過去にもグリペン戦闘機22機を総額31億フランで購入する計画を立ち上げたが、2014年の国民投票で53%の反対により否決された。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する