Navigation

スイス政府、医療従事者へのコロナ影響調査を アムネスティ

アムネスティ・インターナショナルによると、スイスの医療従事者がパンデミックの影響をどれだけ受けたのか、正確な数値が存在しない Keystone / Pablo Gianinazzi

人権団体アムネスティ・インターナショナルはスイス連邦政府に対し、国内の医療従事者に対する新型コロナウイルスの影響を調査し、防護措置を強化するよう求める。

このコンテンツは 2020/08/18 14:46
swissinfo.ch/mga

アムネスティは労働​​組合やヘルスケア団体と共同で数週間以内に公開書簡を出す予定。医療従事者から十分な署名が集まり次第、提出するという。

アムネスティは今年7月までに、世界中で約23万人の医療従事者が新型コロナウイルス感染症にかかったとしている。ただ、アムネスティによれば、スイスはこうした統計が存在しない。

アムネスティは「スイスの医療従事者たちは、非常に大きな感染リスクにさらされている。しかし、この職業に就く人たちがパンデミックでどれだけ影響を受けたのか、正確なデータはない」とし「医療従事者により適切な防護措置を講じるためには、信頼できるデータが必要だ」と訴える。

今年7月、ベルン州の介護施設職員がドイツ語のスイス公共放送(SRF)に対し、州とスイス軍から支給されたマスクの中に使用期限切れでカビの生えたものが混じっていたにもかかわらず、ベルン州保健局に料金を請求されたと訴えた。

アムネスティは、一部の国では医療従事者が不必要なリスクにさらされていると糾弾。スイスの状況も個別に精査すべきだと主張する。

アムネスティは国内の医療関係者の状況を調査し、新型コロナウイルス感染症を業務上の疾病にするか否かを判断すべきだという。またパンデミック(世界的大流行)中に医療従事者がどれだけサポートを受けられたかを明らかにすべきだとしている。

書簡は、2つの労働組合(VPOD他のサイトへウニア他のサイトへ)、スイス介護労働者協会が支援している。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。