スイス、コロナ検査費用を全額負担へ

スイス政府は症状が軽い場合でも検査を積極的に受けるよう呼びかけている Keystone/Laurent Gillieron

スイス連邦政府は24日、新型コロナウイルス感染症の検査費用を全額負担すると発表した。現在の検査規模は1日約8千件で、今年は総額約2億9千万フラン(約320億円)の見込み。

このコンテンツは 2020/06/25 13:01
swissinfo.ch/urs

アラン・ベルセ内相は同日の会見で「費用負担を理由に検査を避けることがあってはならない」と述べた。

政府は感染予防対策として、1.5メートルのソーシャルディスタンシング(社会的距離)を保つこと、手洗い・消毒などの衛生措置をの順守を呼びかけている。ベルセ氏は検査を受けることも同時に重要だと強調した。

ベルセ氏は、軽度の症状の場合でも検査を受けるよう呼びかけた。

連邦内務省保健庁感染症班のシュテファン・クスター班長によると、現在では1日約1万5千人、必要に応じてさらに多くの検査が可能。感染の有無だけでなく、抗体の有無を調べることもできるという。

費用は感染の有無を調べる検査が169フラン、抗体検査が113フラン。

全額負担は25日から。費用負担をめぐる州と保険会社との紛争を終わらせることが狙い。

アプリの一般運用を開始

また感染者との接触追跡アプリが25日から一般公開された。

各州はすでに、感染者本人への聞き取りによる経路追跡を実施している。スマートフォンにインストールして使う追跡アプリ「SwissCovid」は、それを補完する狙いがある。ベルセ氏は多くの人にインストールしてほしいと呼びかけた。

ベルセ氏は一方で「重要なのは最大数の人達がアプリをダウンロードすること。ただ使用は任意だ」と強調した。

連邦議会は6月初め、アプリの一般運用に関する改正感染症法を可決。それに先立ち、関係者向けのテスト試行が行われた。

アプリはスマホのBluetooth技術を使い、一定時間近接した端末の記録を保存。情報はすべて匿名でやり取りされる。端末の所有者に感染が判明し、スマホにその記録を登録すると、過去に濃厚接触した端末のユーザーに警告が行く仕組み。

共有する