スイス政府、武器輸出規制の緩和見送り

スイスの首都ベルンで7月に実施された武器輸出規制の緩和に反対するデモ Keystone
このコンテンツは 2018/11/01 13:39
swissinfo.ch/urs

スイス政府は31日、武器輸出に対する市民からの批判を受け、武器輸出規制の緩和を見送ると方針転換した。

政府は6月、武器の輸出規制の緩和を打ち出した。内戦に使われないと証明できれば、スイスの武器会社が武器を外国に売ることを認める案だ。

ところが、緩和方針は抗議の嵐を引き起こした。超党派のグループが戦争物資の輸出を止めるイニシアチブ(国民発議)を立ち上げ、議会に反対意見を述べようとする動きが高まっていた。また、赤十字国際委員会(ICRC)もスイス政府に対し、制限を緩和しないよう要請していた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する