Navigation

ソーラー・インパルス2、アメリカ横断成功 ニューヨークに到着

ニューヨークの「自由の女神」上空を飛行するソーラー・インパルス2 Keystone

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は11日、米ニューヨークに着陸。太陽光エネルギーだけで世界一周飛行を目指す旅程の、アメリカ横断区間を無事完了した。次の目的地は、フランス、スペイン、モロッコのいずれかになりそうだ。

このコンテンツは 2016/06/11 12:30
swissinfo.ch、外電, swissinfo.ch、外電

ソーラー・インパルス2は米ペンシルバニア州リーハイ・バレー空港を10日午後11時18分(現地時間)に離陸。アンドレ・ボルシュベルクさんの操縦で、ニューヨークのシンボルである「自由の女神」付近を飛行し、離陸から5時間後にニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に着陸した。

アメリカ横断を完了したソーラー・インパルス2の次なる挑戦は、3~4日間にわたる大西洋横断飛行だ。次の目的地の第一候補はスペイン・セビリア、続いてフランス・トゥールーズだが、パリやモロッコの首都ラバトも候補地に挙がっている。最終的には天候条件により決定されるという。

ソーラー・インパルス・プロジェクト他のサイトへのディレクター、レイモンド・クラークさんによると、天候が回復するまで機体は少なくとも3~4日間、現地に留まる。今週の金曜か土曜には出発できると期待しているが、天候によっては数週間待機する可能性もあるという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。