Navigation

スイス研究費援助 最高額に

スイス政府の研究に対する援助は増加の傾向 Photopress/FNS

人文、科学研究への政府の促進機関、スイス連邦基金は昨年、約2900件の活動に対し7億700万フラン ( 約5億5000万円 / 前年比6%増 ) の援助を行ったことが5月25日、発表になった。援助総額は史上最高だった。

このコンテンツは 2010/05/26 08:54

数年前から申請件数は増加の傾向にあるが、特に昨年は増加し、申請者間での資金の取り合いになっているという。

法・道徳的な規範を新たに導入

特に科学分野の研究者からの申請件数は2383件で申請額は9億7700万フラン ( 約7億6000万円 ) と昨年より20%増加した。申請件数の増加により、2008年と比較し実際に援助を受ける比率は8%低下した。内容的に援助する価値があると判断されても、財政面から拒否しなければならない研究が多くなっているという。

援助総額7億700万フランのうち4分の1は文化社会学分野へ、37%が数学・自然科学・技術分野へ、38%が生物・医学分野への援助だった。

昨年から連邦基金 ( SNF ) は法的にまた道徳的に問題のない研究や活動を促進するため規範を設けた。今回は、他人の研究内容を自分のものとするといった違反申請が2件あったという。詳しい内容は発表されていないが、違反者に対しては、向こう最高5年間、申請は受け付けられないことになる。

swissinfo.ch、外電

スイス連邦基金 ( SNF )

連邦政府から委託され、スイスのすべての文化科学活動を援助する機関。援助の申請は国内外の専門家により判断される。

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。